ホーム > ダイブマスターコース

ダイブマスターコース

ダイブマスター・コース

PADIダイブマスターは、PADIプロフェッショナルの道への最初のステップです。
PADIインストラクターと共に働き、あなたのダイビング知識を広げ、ダイビング・スキルをダイビングのプロフェッショナルとして磨いてください。そしてPADIインストラクターや生徒ダイバーのアシスタントを経験しながら、あなたのリーダーシップ能力を開発してください。
あなたの可能はここから無限大に広がります!!!
ダイビングの写真

PADIダイブマスターになるとできること

 

  • PADIダイブセンターやリゾート、ダイブ・ボートのスタッフとして働くことができる。

  • PADIインストラクターとお客様のアシストができる。

  • PADIスキンダイバーコースを単独で実施し、認定ができる。
  • PADIディスカバー・スノーケリング・プログラムを実施できる。
  • 認定オープン・ウォーター・ダイバー以上の認定ダイバーのPADIスクーバ・リビュー・プログラムを実施できる。
  • PADIディスカバー・ローカル・ダイブ・エクスペリエンス・プログラムを実施できる。
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンスコースを実施できる。
  • PADIディスカバー・スクーバ・ダイビング・リーダーの資格がある場合は、単独でプールもしくは限定水域でディスカバー・スクーバ・ダイビングを実施できる。

*上記すべては新規及び更新手続きを完了し、保険加入をしていることが条件となります。

コース実施の詳細については、必ず担当インストラクターに確認をしてください。

コース参加の条件

  • PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、または、それに相当する資格を有していること。
  • PADIレスキュー・ダイバー、または、それに相当する資格を有すること。
  • ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12カ月以内)
  • ログブックに最小限20回のダイブが完了していること。
  • 18歳以上であること。

知識開発モジュール(自習、クラスルーム)

  • ナレッジリビューの提出(9項目)
  • エグザム(8トピック、各20問中15問以上の正解)
  •  緊急アシストプランの作成

水中スキルとスタミナ・モジュール

  • 400m水泳
  • 15分間立ち泳ぎ
  • 800mスノーケル・スイム
  • 100m疲労ダイバー曳航
  • レスキュー評価

現場での応用モジュール

  • 水中地図の作成
  • 器材の交換
  • ダイブマスターが実施するプログラムの実施
  •  インターンシップ1もしくはインターンシップ2のどちらかを終了

講習時間

2ヶ月~3ヶ月ぐらい(講習時間は、候補生によってことなります)
必要教材

教材ページをご覧ください。

教材の写真
PAGE TOP