ホーム > Event&News > PADIスノーケルガイドコース
Event&News

PADIスノーケルガイドコース

スノーケルツアーを正式なPADI資格として実施できる新資格コース【PADIスノーケルガイドコース】

※このコース(資格)は現状、日本『PADIスノーケル・ガイド』を個々に認定することができるようになります。スノーケリング.jpg
この資格を取得することにより、ノンプロのダイバーやノンダイバーでも、一般のお客様を連れて海でのスノーケリングツ
アーを実施できるようになりました。また、PADIスノーケルガイド資格を取得した方は、PADIが提供する賠償責任保険に加入でき、スノーケリングツアーのガイドとして活動ができます。
オリジナルの資格となり、日本国外では使用できません。

この資格を取得してスノーケルガイドデビューをし、より多くの人に海の楽しさを提供してください。またファミリー志向のお父さん・お母さんに、子供の安全を図りながら、家族を楽しませる手段を提供できます。


教材
PADIスノーケル・ガイド資格取得の際には、【PADIスノーケルガイド用スレート】が個々に所持が必要な必須教材となります。尚、PADIスノーケル・ガイド・インストラクター資格取得の際(OWSI以上)は、推奨教材となります。

資格取得方法
『PADIスノーケル・ガイド・インストラクター』資格を持つPADIインストラクター(OWSI以上)より、『PADIスノーケルガイド』コースオリエンテーション(約2時間)を受講し、その後PADIへ『PADIスノーケルガイドインストラクター』資格申請を行ってください。
『PADIスノーケルガイド』資格は、正規のメンバー登録となりますので、申請の他、毎年更新が必要になります。

認定書.pngCカード.png

 

資格更新
『PADIスノーケルガイド』資格は、正規のメンバー登録となりますので、申請の他、毎年更新が必要になります。
資格申請料:11,000円(税込/同年の年会費含む)
      新規登録のPADIスノーケル・ガイドとPADIスノーケル・ガイド・インストラクターが対象。
      次年度の更新料:9,350円(税込/お振込みまたはクレジット)
      PADIスノーケル・ガイドが対象。PADIダイブマスター以上は不要。

保険
現場業務に就くためには、賠償責任保険が必須です。
✔賠償額1事故10億円
✔スノーケリングのみ対象とした場合のスノーケルガイド専用の保険料:年間9,000円
✔上記オプション:カヤックなどその他の水上アクティビティも保証する場合:年間25,000円
✔すでにPADIダイブマスター以上のメンバーとして、PADI賠償保険加入者は現状の保険料にプラス10,000円で加入可。

必需品
マスク・スノーケル・フィン・ウエットスーツ・ライフガード:レンタルもあります。

注意sign01
陸ではコロナウイルスが繁栄しています。電車から下車したら手など露出した場所をトイレ等で洗い流し道中の壁等に触れずにお越しくださいませ。実習は水の中ですので感染することは無いと思われます。日ごと終了後はシャワーを浴びてお帰りいただきます。現在海の季節前なので歩行中の人ごみも少ないです。安全な水中界にデビューしましょうgood

湘南の海(日本中可能です)でスノーケリングガイドとしてデビューしようgood

PAGE TOP