ホーム > 緊急時対応コース

緊急時対応コース

緊急時対応コース一覧

ここでは、いざというときに役立つ緊急処置EFR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス・プログラム)、ダイビング事故には欠かせないEOP(PADIエマージェンシー・オキシジェン・プロバイダー・スペシャリティー・コース)&DAN酸素プロバイダー、トラブルを予防できるダイバーRED(PADレスキュー・ダイバー・コース)のご紹介をしていきます。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス

EFRの画像 EMERGNCY FIRST RESPONSE

EFRコースの概要

最新の医学的基盤に基づいた信頼のプログラムです 

 エマージェンシー・ファースト・レスポンス・プログラムは蘇生法の分野で著名な国際的医師グループの検証を得て、2002年にエマージェンシー ファースト レスポンス Corp.から発表されました。国際的に認識された医療的ガイドラインである「AHA心肺蘇生と救急心血管治療の為の国際ガイドライン2005」に基づいています。
 また、これを基盤に、国際蘇生法連絡委員会(ILCOR=International Liaison Committee on esuscitation)の基礎生命維持(BLS=Basic Life Support)部会のワーキンググループで作成された手順を採用しています。

* ILCORとはオーストラリア、カナダ、ヨーロッパ、南米ニュージーランド、南アフリカ、アメリカ合衆国の主な蘇生法関連の組織を代表する国際基準グループです。
 エマージェン・ー・ファースト・レスポンス・プログラムは2002年に導入され、現在世界各地で実施されています。現在のエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクターメンバー数は世界で2万5千人。年間4万以上の方がコースに参加し、修了しています。
2007年1月現在日本では3,300名のインストラクターが登録され、年間7,000名の方々がコースに参加・修了しています。2006年末の累計では、約26,000名の方が講習を受け、修了しています。

●受講資格:  どなたでも受講可(ダイバーでなくてもOK)
※ダイバーには、万が一に備えるためにも必修と言える
●講習内容: エマージェンシー・ファースト・レスポンス一次ケア(CPR)
エマージェンシー・ファースト・レスポンス二次ケア(ファースト・エイド)
●コース習得後: CPR(心肺蘇生法)や応急手当を含み、緊急時に迅速で最善の行動がとれるようになる

 日常に役立つテクニックスター

エマージェンシー・ファースト・レスポンス一次ケア(CPR )

このコースは生命にかかわる緊急時のための緊急ケアをカバーするものです。知識開発とスキル開発、現実的なシナリオ練習を通して万が一の際に「まず何をすればよいか?」を身につけ、躊躇することなく手がさしのべられるように学習します。

参加者が学ぶ主なスキルは:

  •  現場の評価
  •  バリアの使用
  • 一次評価
  • CPR(心肺蘇生法)
  • 気道閉塞で意識がある/ない成人への対応
  • ひどい出血の管理
  • ショックの管理
  • 背骨の傷害の管理
  • AED(自動体外式除細動器)の使用方法のオリエンテーション(オプション)
  • 緊急時における酸素の使用方法のオリエンテーション(オプション)

エマージェンシー・ファースト・レスポンス二次ケア(ファースト・エイド)

このコースは即座に生命にかかわらないケガや病気、あるいは地元のEMS(救急隊)が到着するのに時間がかかるか、利用できない場合を扱うものです。知識開発とスキル開発、現実的なシナリオ練習を通して二次ケアと適切なファースト・エイドに焦点を当てて学習します。

参加者が学ぶ主なスキルは:

  • ケガの評価
  • 病気の評価
  • 包帯の使用方法
  • 骨折や脱臼のときのための副木の使用方法
マニュアル画像  ファースト・エイド・パックの画像
マニュアル
 
料金24,075円(税別)  
EFR教材 4,880円
講習料 14,995円
Cカード申請料 4,200円
   
*土日休日(連休時含む)は2,000円(税別)プラスになります。
カード画像(CPR/AED/First Aid)

これで私も

エマージェンシー・ファースト・レスポンダーだ!!

*維持するには2年毎に更新が必要となります。

PADI レスキュー・ダイバーコース

「トラブルを予防できるダイバーへ」
「PADIレスキュー・ダイバー・コース」
はダイビング中に発生した問題にすぐ対処できる知識を備え
トラブルを未然に防ぐ方法をマスターします

いざというとき、頼れるバディになるの画像

 ●受講資格: PADIアドバスド・ダイバー以上又は同等の他団体Cカード取得者
且つエマージェンシー・ファースト・レスポンス・プログラム修了者
 ●講習内容:  学科試験+海洋実習5ダイブ。計2日間以上
 ●コース習得後:
  1. トラブルを未然に防ぐ能力がつきます。
  2. 緊急時の応急処理法が身につきます。
  3. 負傷したダイバーの救助や、事故時の救命方法が身につきます。
  4. 水中捜索方法がマスターできます/自分自身の安全性が高まります。

PADIレスキュー・ダイバー・コースはさまざまなテキニックでダイビングの緊急事態を予防・回避し、必要な場合にはそれに対処できるように準備します。

万一のトラブルもレスキューでたのもしいダイバーに変身

 大自然を相手に遊ぶレジャースポーツでは、ときとして予想外のアクシンデン トに遭遇する場合もあります。それらは、実際にはほんのささいなことがキッカケで大きなトラブルにつながるケースが多いのです。たとえば、スキンダイビングをしていて浮上時に水を飲んでしまい水面であわててしまったり、エントリー時や水中移動時にスクーバ器材をひっかけて身動きがとれなくなってしまったりといった、落ち着いて対処すればすぐに解消できる小さなトラブルが原因となって一瞬にしてストレスから不安、パニックへと拡大していってしまいます。

 こうしたトラブルが発生しても、すぐに対処できる知識をそなえるとともに、 トラブルを未然に防ぐ能力を身につけ、さらに万一の事故の際の救命方法までを学ぶのが、レスキュー・コースです。
実際の講習では、疲労したダイバーや負傷したダイバーの救助方法、水面アシストの方法、陸上での搬送方法、応急処置、救急の場合の速やかな通報の仕方、水中捜索方法など現実に役立つ知識をトータルに学びます。

 たとえば救助法ひとつをとっても、救助を必要としているダイバーの精神面、 状況、救助場所、環境の違いなどでその方法は変わってきますが、講習では、ビーチの場合、ボートの場合などのパターンを想定して、適切な方法をシミュレーション形式でひとつひとつマスターしていきます。レスキュー・コースを受講することは、他のダイバーを救助できるテクニックが身につくばかりでなく、同時に 自分自身のスキルアップが図れ、さらにはセイフティ度も格段に向上することになります。バディがレスキュー経験を持つ経験豊富なダイバーであれば、より安全性の高いダイビングが安心して楽しめることは間違いありません。

レスキュー・ダイバー・コースは、ダイブマスター・コースなどPADIプロフェッショナル・ダイバーへのステップアップにも
不可欠なコースです。

レスキューダイバーコースの画像

 

ヘリコプター画像

料金60,371(税別)

レスキュー・ダイバー・教材 10,030円
講習料(3日以上) 46,141円
Cカード申請料 4,200円

*土日休日(連休時含む)は10,000円(税別)プラスになります。

 
カード画像(RESCUE DIVER)

*上記詳細料金表の消費税は別途です。

PADI エマジェンシー・オキジェン・プロバイダーコース

「緊急事態に対応できるようになろう!」

PADIエマージェンシ・オキシジェン・プロバイダー・スペシャルティ・コース

はダイビング特有なトラブルの際、ダイバーに酸素を供給する方法を習得し、自信をつけていただくコースです。

緊急事態に自信を持って対処の画像

●受講資格: 日本国内ではPADIスクーバダイバー 以上
またはPADIジュニア・スクーバダイバー(年齢10歳) 以上
●講習内容:
学科&実習(スキル練習)
●コース習得後: ダイビングの緊急事態で事故者に酸素の供給をする以下ができるようになります。
  • 緊急用酸素システムのセッティング、取り外し、収納
  • 呼吸しているダイバーに対するノンリブリーザー・マスクの使用
  • 呼吸しているダイバーに対するデマンド式吸気バルブの使用
  • 呼吸していないダイバーに対するポケットマスクの使用

減圧障害のファーストエイドで酸素供給を行うことは、オープン・ウォーター・ダイバー・コースから、「減圧症」のトピックで紹介されています。
つまり認定ダイバーであればその情報は知っているのです。あとはそのために必要な知識とスキルを習得していただければ自信を持って対応いただけます。早い時期にすべてのダイバーにEFRとともに習得いただきたいプログラムです。

プログラムでは、実際の酸素供給器材を使用して、供給するためのマスク(ポケットマスクやノンリブリーザー・マスクなど)を使用してテクニックを実習します。
レスキュー・ダイバー・コースのいくつかのトピックと統合しながら身につけることもできるのです。

ぜひ、一人でも多くの方に酸素供給のテクニックをマスターいただき、緊急時のケアに備えていただければ幸いです。

マニュアルDVDの画像
料金34,200円(平日割講習料金)
エマージェンシー・オキシジェン・プロバイダー・セット 4,470円
講習料 25,530円
Cカード申請料  4,200円
消費税は別途です。  
マニュアルDVD
カード画像(PADI EMERGENCY OXYGEN PROVIDER)

 *土日休日(連休時含む)は5,000円プラスになります。

REDコースの9章でこのコースを受講すれば有効的です。
その場合割引4,000円です。

DAN酸素プロバイダー

DAN JAPANの画像 DAN酸素プロバイダーコース
●対  象 エントリーレベルの認定ダイバー且つCPR資格が有効であるもの
●受講資格 ジュニアPSDもしくはジュニアOWD(又は相当する資格)かつCPRが有効期限のもの
※CPRは有効なものであるかはPADIまでお問い合わせ下さい。
●講習内容 学科講習1時間、実技講習3時間
●コース習得後
 
潜水事故に遭遇した時に酸素供給する助けが出来る。酸素供給器材の取り扱いが出来る。

DNAジャパンより

この「DAN酸素プロバイダー・コース」は、応急手当の延長上にある手法ですので「応急手当とCPR」の講習を受けその知識と技術が十分に備わっていることが前提条件となります。前提条件を満たさない場合には、事前にEFRを必ず受けて、それから貴方の担当のDAN酸素インストラクターと良く相談して、DAN酸素プロバイダーコースを受けて下さい。

講習時間は参加者の理解度と使用する器材の数、実施状況(人数比率)によって異なりますが、標準的な実施状況だと「プロバイダー講習」は4~6時間程度になります。

DAN
料金34,000円(平日割講習料金)
DANワークブックセット 4,370円
講習料+申請 29,630円
*土日休日(連休時含む)は5,000円プラスになります。  
マニュアル
PADI画像 酸素キットの画像
マニュアル 酸素キット

EFR+REDセットコース

EFR+RED エマジェンシー・ファースト・レスポンス+レスキュー・ダイバー・セット・コース

カード画像(CPR/AED/First Aid) カード画像(RESCUE DIVER)

セット価格(平日&分割コース)76,841円(税別)

*土日休日(連休時含む)は5,000円/日(税別)プラスになります。

PAGE TOP